不動産の投資で得られる収入

資産を増やすための投資方法として、最初に投資する金額は大きくなるものの、資産運用方法としてはポピュラーなものになります。

不動産の投資で得られる収入には多くは2つの種類があります、その一つは、土地の上にマンションを建て、テナントに貸し出したり居住者を住まわせたりし、それによって定期的に発生する賃料を受け取る、いわゆるインカムゲインを求めるものになります。

またもう一方は、不動産を購入してその相場が上昇するのを待ったり、またリノベーション工事などをおこない付加価値を高めて転売することによってその売買額の差幅を利益とするキャピタルゲインを求めるものとがあるのです。

どちらにしても、大きな資金がかかるために、なかなか難しい資産運用方法になりますが、その効果は大きなものであることがほとんどになります。

この二つの方法では、現在は賃料でのインカムゲインを得る資産運用方法が多くなっており、そうした中でも、建物を丸ごと購入する場合や、マンションの一室を購入し、それを貸し出すことによって収入を得るなど、様々なものがあります。

また、こうしたマンションなどの建物が無く、土地の身を持っているような場合では、その土地を活用するためにその運用を信託会社に任せてしまう方法もあります。

自分の持っている土地資産を利用して増やそうとした場合、これを個人で行うには大変な労力や知識が必要になるために、これを土地信託を行う会社に任せてしまうのです。

この場合は、信託会社に土地を信託して所有権を移し、その土地に適合するような建物を建ててもらい、それを運用してもらうことによってあげられる利益を受け取るという形式になり、土地の持ち主は特に何もしなくて良いという利点があります。

土地の信託を受けた会社は、その土地にあった建物を建築し、そこから収益を上げ、その収益から管理依託費や建築の際の借り入れ費などの経費と信託会社の報酬が差し引かれた残りが、土地の持ち主に対して支払われる形になります。

最終的に信託が終了すれば、この土地と建物は土地の持ち主に返還されることになっているために、何もなかった土地にマンションなどが建築されて手に入ることになるために、大きな資産として戻ってくることになるのです。

もっとも、信託会社がその土地に何らかの利用価値を見出すことが、大きな前提にもなりますが、こうした事を行うことによって、ただ持っているだけでは大きな負担となる土地を有効的に活用することができ、資産も大きく増やすことができるようになります。