資産を増やす

資産とは、わたしたちが労働や権利などから得た収入などの事を言い、主にこうしたものを蓄えるなどして作っていくものになります。

近年人気急上昇のwww.australiahighlow.bizでみるように、資産を増やしていくには様々な方法があり、もちろんそのまま労働などの収入を上積みしていくこともそうした方法の一つになりますが、資産を増やす腕で最も効果的とされる方法が、http://www.fxgaido.jp/fx/gaitameonlineなどで、資産そのものを運用して増やしていくこと、いわゆる資産運用になります。

資産運用とは、資産を用いることによって現在の資産を増やしていくものになります。
最も身近な資産運用は銀行や郵貯などへの預貯金になります。

わたしたちは、こうした金融機関に対して、自分たちのお金を安全に保管することを大きな目的として預けていますが、それだけであれば、例えばレンタル倉庫を利用するのと同じように、本来はその利用料を取られてしかるべきことになります。

しかし、わたしたちは金融機関に対して金銭の資産を預けることによって、利用料を取られるばかりか、逆に利子を得て預貯金を増やすことができます。


実は、この利子は、わたしたちが預けた預貯金を資金とし、金融機関が企業や個人などにこれを融資をしてそこから利益を上げ、その利益の一部を資金の提供者であるわたしたちに還元するという仕組みから得られている利益になるのです。

わたしたちは銀行などの金融機関にお金を預けることで、そのお金の安全を守る事と同時に、お金を金融機関に投資して運用させることによって、そこから利益を得ている、つまり、資産運用を行っているという事になるのです。

資産運用では、こうした事を行って資産を増やしていくことになりますが、もちろんその運用の仕方、資産の増やし方には様々な方法があり、また、持っている資産の状況や社会経済の動向などによっても、そうしたものを適時適所で変えていく必要があります。短期で取り組みたい方はハイローオーストラリアあたりが無難でしょうか。

もちろん、こうした資産の運用をせず、例えば現金をそのまま自宅で保管することも、資産管理の方法の一つになりますが、実は現金は運用せずにそのまま置いておくと、その価値が減少していくことになります。

基本的に、国家は成長していくごとに経済が発展し、物価が上昇していくことになるため、その成長から金銭の資産を切り離して保管しておくと、相対的にその価値は低下していきます。
例えば、1980年代にはラーメンが平均で1杯300円前後でしたが、現在では1杯600円前後となっており、その価格がほとんど倍になっています。

極端な話をすれば1980年からずっと100万円を自宅に持っていたとした場合、その100万円を現在で使ったとしても50万円分の買い物しかできないという事になり、現金は持っているだけではその価値が減っていくものとなっているために、資産を増やしていかなくては、今ある資産の同価値を保てないのです。